2012年07月09日

かんにん袋





夏はこれに限る。

087.JPG

暑い夏はやっぱりこれexclamation×2

かき氷





大阪の堺市に、こんなものがある。



かき氷氷くるみ餅

020.JPG

ただのかき氷にしか見えへんが

くるみ餅の上にかき氷がかけてある。



024.JPG

これは定番、くるみ餅




食べてるうちに氷が溶けて程よい甘さになっていく。

031.JPG

甘いのが、苦手の人でもこれはいけると思う。



028.JPG

左がくるみ餅、右が氷くるみ餅、上がお茶。





るんるん山寺の和尚さんが、毬はけりたし 毬はなし 猫をかん袋に 押し込んで…るんるん



「あほっ、そのかん袋は紙袋のことやパンチ、そんなケッタイナ歌うとたらお店のお姉さんの堪忍袋の緒がきれっどexclamation×2



「どないしょーがく〜(落胆した顔)



「その時は、かんにんなって謝ればええねんわーい(嬉しい顔)






食べたところ

かん袋

044.JPG

041.JPG

住所
大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1

電話番号
072-233-1218

営業時間
午前10時より午後5時まで
(売り切れになると、営業終了)

定休日
火曜日・水曜日




かん袋は、鎌倉時代末期、元徳元年(1329年)創業の老舗中の老舗。

明治時代になって、氷が簡単に作られるようになった。

いっそのこと、かき氷をかけたらどうやということが「氷くるみ餅」の発想らしい。



「あっ、山寺の和尚さん」

040.JPG

「こんな人たちも、旅の途中に寄ってたんやろなあ。」






3つのブログランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

分析が見れます。



食べ物以外のことは、いなかさんの
絵日記
で 
posted by かず at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。